薄毛を治すことを諦めかけたあなたにお伝えしたいこと

薄毛を治すためにいろいろやったけどさっぱり効果が実感できず時間だけがどんどん 過ぎてしまい諦めムードになっていませんか?そうなってしまうのも無理はありません。 巷で言われてる育毛法は大事な部分が欠けているからです。このブログでは私の実体験を もとに薄毛を治すために大切なことをお伝えしていきます。

くしを下手に使うと頭皮や髪を傷つけたり汚したりする

くし(ブラシ)をドライヤーのときなどに
使う方は大勢いらっしゃると思います。

気をつけてほしいのが
頭皮をこすらないことです。


こすると細かい傷ができて
そこから細菌が侵入してしまい、
炎症を起こす危険性があるのです。

また、汚れたまま使っても
洗髪が台無しになってしまうので
毎回洗うことも必要です。


理想のくしはイノシシか
豚の毛100%でできたものです。


動物の毛と人間の髪はこすれることで
つやが出てくるのと、
頭皮の新陳代謝の活性にもなります。


新陳代謝がよくなるということは
皮膚が健康になるということです。



これはナイロン製などでは
得られない効果ですので、
できれば動物の毛のくしを
使ったほうがいいでしょう。

面倒なら無理に買う必要はありません。
そのくしもシャンプーで洗う必要があるため、
ちょっと手間が増えてしまいます。


育毛で大事なことはたくさんありますが、
なるべくシンプルにしないと続かない恐れもあります。