薄毛を治すことを諦めかけたあなたにお伝えしたいこと

薄毛を治すためにいろいろやったけどさっぱり効果が実感できず時間だけがどんどん 過ぎてしまい諦めムードになっていませんか?そうなってしまうのも無理はありません。 巷で言われてる育毛法は大事な部分が欠けているからです。このブログでは私の実体験を もとに薄毛を治すために大切なことをお伝えしていきます。

薄毛を治すには体の内部の健康と髪の成長期が重要

どんな脱毛症でも基本は
良い頭皮環境を維持することですが、
本当に重要なのは体の内部の健康です。


フケ症や皮膚疾患の脱毛症は除きますが、
脱毛するということは体のどこかに
異常があるともいえます。

男性ホルモンが毛乳頭細胞と
結びつきやすいという要因から、

血液や内臓の健康具合、
血行の良さなども関連します。


髪の毛でもなんでも体中の組織は
血液から栄養素をもらって
活動できています。

その血液が汚れていたり、
不足することがあれば
当然調子が悪くなっていきます。


髪の毛に関して言えば
肺と腎臓が特に重要といわれます。

肺は新鮮な酸素を血液に供給する役目があり、
腎臓は血液中の汚れをろ過する役目があります。


体に刺激が強いものをよく摂っていれば
当然負担も増えてしまうので、
それが薄毛となって現れるのです。

そうかんがえると、
タバコがダメというのはよくわかります。
(血行を悪くしたり毒素をとりこんでしまう)


薬(プロペシアなど)も肝臓に負担をかけるので、
処方する際は注意が必要になります。
(肝機能が弱まると体中に毒素が回ることになります)


髪だけでなく体もいたわる事を
是非忘れないでほしいと思います。


しかし体のケアが十分にできているのに
薄毛が解消できないことはよくあることなので、
そういうケースでは男性ホルモンを抑制しつつ
髪の成長期を長引かせる方法もあります。